リハビリホーム一歩

閲覧者数:11724

リハビリホーム一歩便り

リハビリホーム一歩からお知らせをお届けします

「夢のみずうみ村」に行く!

おはようございます。
昨日、大雪で大変な中、浦安にある「夢のみずうみ村」というデイサービスに行ってきました。職員2名と片麻痺のハンディを持つご利用者2名で、電車に乗るリハビリを兼ねて・・・。
そこは、いわゆる自立支援に取り組むデイサービスの最先端をいっているデイサービスで、元々は山口県で始まった施設です。自分も、3年位前に研修として山口まで行って以来、いつか肩を並べられるような施設を・・・、という思いでこれまでやってきております。いわゆる「自分でできることは自分で。出来そうなことにもチャレンジしていこう!」といったスタンスで、「自己選択・自己決定」をモットーにご利用者が自らの意思で活動している施設です。昨日も例外なく、そのような光景を見ることとなり、反省をさせられて帰ってきました・・・。
夢のみずうみ村のなかで、片麻痺の後遺症を持ちながらも、職員として働いている角谷利宗さんという方にお会いすることができました。その方は、ハンディキャップゴルフ協会で理事もされており、ゴルフも片手で100を切るスコアで回ってくるそうです。(自分よりもうまい・・・(泣))
その方と直接話すことができたうちのご利用者さんは、目の輝きが変わり、興奮して、さらにヤル気になっていました。やっぱり、実際に努力して頑張ってきた人のお話は説得力がありますね~。また、奇遇なのは、その方の奥様が上尾出身方らしく、月に1度は上尾に来ており、ゴルフも上尾でやっているそうです。最後は、是非、一緒にやりましょう!と約束をして帰ってきました。
自分自身にとっても、とても刺激的な1日でしたし、ご利用者にとっても運動プラス刺激的な1日なったのではないかな~。片道2時間の電車の旅、大雪の中、お二人のご利用者さん、お疲れ様でした。若干、前日、飲みすぎてしまった自分の方が最後はバテテいましたが・・・(汗)
                            阿部でした。

  • ミスターJ says:

    一歩の社会参加イベントの一環で阿部施設長のお誘いで浦安の介護施設視察ツアーに参加しました。
    参加者は女性の利用者Fさんと職員のKさんの4名でJR、地下鉄を乗り継いで浦安まで片道2時間の移動。
    雪模様のあいにくの天候と通勤ラッシュの人ごみも苦にせず無事目的地の施設[夢のみずうみ村]に到着(*^。^*)。
    百聞一見に如かず!
    以前から話では聞いていた当該施設の活動内容を目の当たりにして大変な感銘と刺激を受けました。
    活動内容の中で特に注目したことはたくさんのメニューがある中で施設の村長さんの考案されたメニュー「転ぶ練習」をするコーナーがあったことです。
    刺激を受けたのは職員でご活躍の小生の一年先輩のS氏が小生と同じ障害を克服され同じ趣味のゴルフを楽しんでいらっしゃるとお話を伺えたことでした。(●^o^●)。
    今回の悪天候を押して実現していただいた小旅行のおかげで新たな自信と意欲がわいてきました。
    サポートしていただいた阿部さんKさんに心から感謝いたします。
    施設長が描く一歩の将来構想に役立つヒントが沢山ありましたネ
    介護される立場に甘んじることなくリハビリに新たな希望を見つけることができた充実した一日でした!!
    from:MJ