リハビリホーム一歩

閲覧者数:191168

リハビリホーム一歩便り

リハビリホーム一歩からお知らせをお届けします

令和4年4月、統合施設開所決定!業務拡張につき、PT・OT急募!

令和4年4月、統合施設開所決定!業務拡張につき、PT・OT急募!

令和44月、障がい児も一緒に過ごせる「赤ちゃんから高齢者まで、障がいの有無に関わらず共生し、お互いに良い刺激を与え合えるような大規模な複合施設」が開所します。

そのため、業務拡張につき、増員のためPT・OTを5名募集致します。

小児に関しては、重症心身障がい児にあたるお子さんから、一般保育園のお子さんまで、

子ども達のよりよい成長に関わるリハビリ、運動の提供していきます。

高齢者に関しても、認知症の方がどうしたらお子さんの面倒を見られるようになるか、

または片麻痺等で身体機能が不自由な方でもどうしたら活き活きと活動できるかなど、

「役割」と「居場所」の獲得を目指します。

そこに繋がるためのリハビリの提供を、リハビリチームを作り、目指していきます。

統合施設開所までの一年間は、既存の施設にて社風に慣れていただき、一緒に働く仲間の一員になっていただきたいです。

リハビリホーム一歩は、「歳を取っても、身体が不自由になっても、生涯現役!イキイキ生活を目指そう!!」を基本理念に、

自立支援に向けたサポートを多職種一体となって行っています。

現在、上尾市内にてデイサービスと保育園、居宅介護支援事業所を運営している会社で、

今年の8月で10周年を迎えます。

身体の不自由さ、年齢、性別等に関わらず、みんながイキイキできるような施設つくりを目指しています。

リハビリは、機能訓練はもちろんのこと、社会参加にいかに繋げるか、生きがいにいかに繋げるかを大事にしています。

人は、「役割」と「居場所」がないと、イキイキと生きていけないと聞きます。

歳をとっても、身体が不自由になっても、そして認知症になろうとも、最期までイキイキと生活していけるような施設作りを目指しています。

現在、上尾市内で3施設、グループ会社としてお弁当屋さんを1つ運営しています。

1つ目が「リハビリホーム一歩」(定員60名のデイサービス)、

2つ目が「みんないっしょの一歩&いっぽ」(定員35名のデイサービス、定員12名の保育園:多世代交流施設)、

3つ目が「アクティブ・キッチン一歩」(定員15名のデイサービス:お弁当屋へのボランティア活動を目的とする)を運営します。

お弁当屋さん「彩りスマイル・キッチン」は、「アクティブ・キッチン一歩」のメンバーが、働くことを目的に

ボランティアに出掛けるお弁当屋さんです。一般のお客様にも販売しています。

ぜひ、1度、見学等して頂けたら嬉しいです。

【応募方法】

info@reha-ippo.net にメールか履歴書の郵送、電話にて応募をお願いします。
是非、まず見学してみてください!

【担当者】
阿部 裕一
アベ ユウイチ
【連絡先】
固定電話 048-871-6956