リハビリホーム一歩

閲覧者数:217627

みんないっしょの一歩&いっぽ便り

みんないっしょの一歩&いっぽからお知らせをお届けします

🚩リハ通信No.16🚩

🚩リハ通信No.16🚩

皆さんこんにちは!!デイサービス、みんないっしょの一歩&いっぽの作業療法士の伊藤です!!

別れの3月から新学期の4月、わが保育園にも新しいお友だちが入って来てくれ、新年度も賑やかな当デイサービスです🙌✨

そんな最近の朝風景。2人でニコニコ笑いながらお話ししている利用者さん達。話しながら、「笑っていたら、なんだか疲れちゃった〜😊」と。

その様子をみて、「それもしっかりリハビリになってますよ〜!」と伝えると、「そうなの?いいこと聞いた!」とのお話が聞かれましたので、今月のリハ通信は「メッツ」について書かせて頂きます🙇‍♀️

●メッツとは●
運動強度の単位で、安静時を1とした時と比較して何倍のエネルギーを消費するかで活動の強度を示したものです。

65歳以上の方のメッツを活用した運動基準は、「1週間に10メッツ・時」とされています。※1メッツの活動を1時間行うと、1メッツ・時となります。
毎日40分の活動を行うことが勧められています。

例をあげてみますと、
●立った状態での会話→1.8メッツ・時
●普通の速さでの歩行→3.0メッツ・時
●皿洗い→1.8メッツ・時
●植物の水やり→2.5メッツ・時
●掃除機かけ→3.3メッツ・時
●ストレッチ→2.3メッツ・時
●ラジオ体操→4.0メッツ・時
等々があります。

先程のご利用様達の座った状態での会話は1.5メッツ・時となります!

また、当デイサービスで子供達のお世話をお手伝いして頂いておりますが、室内の子供達のお世話は2.0〜3.0メッツ(食事を食べさせる、着替えさせる、子供を抱っこするなど。内容により変動あり)とされており、外で活発に遊ぶに至っては5.8メッツ・時となっております!
子供のお世話は、パワーが必要ですね〜!😵!

上の例にみて頂くと分かる通り、体操をしたり、走ったりするだけがリハビリではありません!毎日の身の回りの全ての作業が、リハビリにつながっているのです♪
メッツを参考に、楽しく身体を動かす機会が少しでも増えましたら、幸いです🙌